トレンド: オーガニックバルーンデコー

インスピレーション ›  トレンド&テーマ ›  トレンド: オーガニックバルーンデコー

様々なサイズに膨らましたバルーンを使うことにより、オーガニックバルーンデコーは設置するスペースを繋ぎ目なしに上手く統合させま す。特にコラムやウォール等の構造で大切な正確さ統一性が重視されるクラシックデコーのルールに反すると言われる方もおられるでしょう。

クリエイティブなバルーンデコレター達は、フリンジカーテン、フラワー/リーフ、コンフェティ入りバルーン、柄物ラテックス、カスタムロゴ入りバルーンやレターシール、ペーパーフラワー/扇子/ハニーコーンシェープなど新しい素材を加え、オーガニックに使える材料の幅を広げてきました。

オーガニックデコーは、アーチ、スワッグ、キャノピー、吊るすポイントがある構造に取り付けられま す。オーガニックをレパートリーにする利点は沢山ありま す:

  • 設置会場が予想していたのと異なっても簡単に変えられる。
  • サイズや色の組み合わせを気にしなくてよいので、クラシックデコーより早く設置できる。
  • お客様はアートのユニーク性を評価されるので、通常の装飾より利益が大きい。
  • ヘリウムガスが要らない

然も、オーガニックスタイルは大型の設置だけに限定しません!トピアリー、センターピース、リースやデリバリーにもオーガニックを用いられま す。

どんなパーティーでもオーガニックバルーンデコーを取り入れられま すが、特に今トレンドの以下のテーマと相性抜群です;

  • Boho (ボヘミアン)
  • ガーデンパーティー&ネーチャー

リソース

Organic_Essentials_Eventbrite_Banner.png

オーガニックデコーは世界中で最も引っ張りだこのバルーン装飾です。オーガニックデコーのマスター、Chris Adamo, CBAに学んでみましょう!

90分の録画クラスの後は、30分のQ&Aセッションに続き、美しいオーガニックガーランドの作り方や野外での吊るし方のコツなどを説明しています。

* このクラスは、2020年9月16日のQualatexウェビナーでオンエアされました。

この録画の購入はこちら。

ひらめきアイデア