icon-facebook icon-twitter icon-pinterest

ビジネス

スタイルあるフォト撮影

ビジネスが長い方やこれから拡大を狙っている方も、スタイルあるフォト撮影は、少しのコストでバルーンの才能を披露できる優れた方法である。Wisconsin Balloon Decor のSara Meyerは、このマーケティング戦略をビジネス開始初日より取り入れている。そこで、Saraとクオラテックスはパートナーを組み、最新のクオラテックス商品でインスピレーション溢れるデザインを考えてもらった。

Sara Meyer
ゲスト提供者

 

 

スタイルあるフォト撮影って何?&どうしたら良い?

スタイルある撮影には、広告、SNSやマガジンで利用できる美しい写真を捉えるために、たいてい6,7社と創り出してゆく。ゴールは、どの業者もその経験から何か得ることである。これらの撮影は、特定のビジネス形態のお客様への宣伝媒体となる。

Images_2019_3_Stylized_Photoshoot_1g.jpg   Images_2019_3_Stylized_Photoshoot_1f.jpg

スタイルあるフォト撮影のガイドライン

必ずプロのフォトグラファーと仕事する
プロジェクトのゴールは、長く使える写真を撮ることであるから、撮影はプロに任せること。仕事を始めたばかりのフォトグラファーや、ポートフォリオを増やそうとしている方は、心よくパートナーになってくれるはずである。

Images_2019_3_Stylized_Photoshoot_2c.jpg

優れたコラボレーションは、目的やテーマが明確であるが、どの業者もそれぞれの才能を発揮できるようにすること。
例えば、新年のローズゴールドを基調としたウエディングはコラボレーションし易く、クリエイティブにできる余地がある。描いているビジョンを書き上げ、関係者へ送るのも賢い戦略である。そうすれば、関わっている人たちへ、全体のイメージが伝わりやすい。

Images_2019_3_Stylized_Photoshoot_4a.jpg


無料の提供はお断りする
スタイルある撮影は、実際のイベントであってはいけない。私も以前に、ベイビーシャワー、婚約パーティー、特別なイベントのコラボを頼まれたことがある。イベントとして収益があったり、ゲストを招待している場合はスタイルある撮影とならない。たとえプロの写真を約束したとしても、協力を避けること。相手は、貴方を雇えるのであるから。

シンプルにする。
あなたのフォロワーを感動させるのに、数多くの業者、素晴らしいテーマや技術的なバルーンデザインの必要はありません。凝り過ぎなく良くできている、シンプルなデザインの方がよっぽど喜んでもらえます。写真はひとつの目標ですが、ネットワークや業者との繋がりを広めるのも目的であることをお忘れずに。気負い過ぎてしまい楽しめなければ、台無しとなってしまいます。

Images_2019_3_Stylized_Photoshoot_5d.jpg

業者との関わりについて

写真は最も重要な事柄でありません!バルーンの設置が完了し、他に何もすることがなくても、撮影現場に残って他の業者の友達を作ろう!私の経験から、この関係が最も価値あるネットワーク戦略である。最初は居心地が良くないかもしれないが、終日までには、一緒に笑ったりお互いの事を知るようになる。人は、あなたの事や貴方との仕事のし易さを覚えているほど、貴方のサービスが相手の記憶に残るものである!

もし撮影を頼まれたのであれば、その撮影に合った作品にすること。もし$500以上の大きな企業イベントだけの装飾をしていて、撮影は“バックヤードアースデーパーティー”等であったら、引き受ける理由がない。然しながら、もしテーマが“ウエディング”で、ウエディング装飾を現在していないが、是非引き受けたいと思えば、またとない機会である。

Images_2019_3_Stylized_Photoshoot_5e.jpg

業者との関係のコツ

  • 撮影前後に他の業者の簡単なお手伝いをする
  • 皆のコーヒー係となる
  • 業者が裏方で作業してる写真を撮ってテキストなどで送る。フォトグラファーは、自分達の写真を撮らないから、簡単な事だけど嬉しいギフトとなる。(また、今後も連絡を取れるよう、携帯番号を教えてもらえる便利な言い訳にもなる)
  • 照明を持ったり、床を掃除したり、モデルに風を送ったりする。
  • 撮影の写真を掲載する時は、全員をタグする。

Images_2019_3_Stylized_Photoshoot_6b.jpg

自分のスナップを用意する

  • スタイルあるスナップと言えば、インスタグラム(IG)。ネットワークを広げたり、業者を見つけるのであれば、インスタは、絶対に不可欠。
  • 掲載又はIGストーリーを使い、コラボレーションに興味があることを宣伝すれば、誰かと繋がる可能性あり。
  • 撮影チームを組みたいのであれば、既に顔見知りの業者から声をかける。私は、“業者友達”から見つけ、それから一緒に会場やフォトグラファーを探す。
  • 予算を抑える。私は、スタイルショット撮影で余った商品を利用し、コストダウンする。
  • アイデアを持っておくことだが、フレキシブルであること。コラボしたいと言いながら、自分のアイデアばかりを押しつけられるほど嫌な事はない。
  • スタイルショットを好まない人もいる。使わない業者は多くいる。今まで沢山使ってきた、若しくはビジネスに合わない等。もし良い返事を貰えなくとも、個人的だと考えないこと。
  • ショットを整理整頓したら、その日のうちにお礼のカードを渡せるよう、事前に書いて用意しておく。
  • 一人だけで撮影を組むのも躊躇しないこと!他の業者とコラボする余裕がなければ、自分でシーンを作り写真を撮るのでも良い。私がビジネスを始めたばかりの頃は、地下の部屋に撮影シーンをセットしていた。家にあるグラスやリネン等を利用し、可愛いカップケーキを買ってきて使ったりした。私は、コラムやガーランド等、作り方を知っているものだけを作業した。良い写真が撮れるまで、ビジネスを開始してからホームページやインスタ開設まで、最初の6ケ月は、良い写真が撮れるまで撮影に時間を費やした。

QBN特権:Saraのスタイルフォト撮影の画像ダウンロード

Saraとクオラテックスのコラボ画像をダウンロードし、SNSやビジネスホームページに利用しよう。これらのデザインを販売する時は、The Very Best™ Balloonsとタグするのを忘れずに!

QBNメンバーのみ閲覧できる記事を含む ログイン 閲覧!